子どもとこんなことしてみました 

「押し花&描画編」

散歩に出かけた時、花や庭に咲いていた花を摘んで押し花を作りました。

2週間ぐらいたったので、見てみると、押し花ができあがっていました。

K「花がぺちゃんこだね」

「どうしてぺちゃんこになったの?」

K「だって、板で押されて、水分がなくなったから」

「水はどこにいったのかしら?」

K「新聞紙が吸った」

であきたがった押し花で描画をしてみました。

「好きな絵を描いて周りに押し花を飾っていこう」

K「パパとママとKでお散歩へ行った時の絵」

で、くるみのみんなで分析~。

以前より、人の絵がしっかり描けるようなったね。

絵の全体のバランスが良くなったよ!→以前は気になった空間の使い方が上手になったね。

紙全体が空間として視野に入ってきたね。

なんとなく花で円を描いているし、花の間隔があって、人と花の距離のバランスもとれているよ。

筆圧、線がしっかりとしてきたね~。→肩や手首とか上手に動かし始めたのだと思うよ。

この育ちは、4月から休校になり、家で毎日体操をやっていることがかなり関係ありそうです。

「押し花&消しゴムスタンプ編」

野原に棲む動物たち(きっかけ画)

用意するもの : 押し花・動物、葉っぱスタンプ・スタンプ台・ボンド

流れ

  • 大人が、野原、木など絵を描く
  • 子どもと話をしながら、子どもがスタンプをしていく
  • 押し花をはっていく

「木に葉がないのはおかしいよ、今は春だからね」

葉っぱスタンプ,葉のスタンプを見ながら

「葉の向きがあるよ、ほら、こっちの方が枝につくほう」

木にはフクロウがとまっているし、リスもいる

「あつ、切り株スタンプがある、そうだ、タヌキをのせよう」

「うさぎはね、草の中でかくれんぼ」

「うさぎは群れで暮らしているから仲間を増やそう」

「野原をおいかっけこしているよ」

「てんとう虫は葉についている」

「ちょうちょは花の蜜を吸いにきている」

「きつねは遠くから獲物を狙っているんだ」「この大きな花を貼って隠れているようにする」

いろいろな会話ができて楽しかったです。

いろいろなことに気づいたり、知っていることを思い出したりしながら制作できました。

                                (富士山の麓より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です