園からの発信アイデア♪

休園や自宅待機が長引く中、園からのネット発信を頑張っているところも沢山ありますね。

年長、年中になると知的欲求も高くなっていくので、ただ遊んでいるだけでは物足りなくなってきます。ちょっと頭を使うような時間もないと、それもストレスに。

くるみのカルタを使っての発信はどうでしょう?

リアルタイムの課業もできるかも!(わたしなら試してみるなー)

一日20分でも子どもたちが集中してくれたら、親としてはとってもありがたい (わたしが子育て&姑の介護中に今の事態に陥っていたら…想像するのも恐ろしい・・・)

例えば、先生が画面で「はちみつも、魚も果物も大好き、ざっしょくなんだ」という読み札を読みます。で、画面には下のような似た動物のカードが三つ。

絵にあるから、分かる子には分かりますね。はい、クマ。

でも、それで終わらせたらつまらない。

へー、クマッては魚やはちみつだけじゃなくて、果物も食べるんだねー。森に棲んでいるから、はちみつも果物も沢山あるね。

森にある果物って、なんだろうね?

はちみつって、どこにあると思う?

お母さんやお父さんと調べて、また明日教えてね。紙に描いて、園のアドレスに送ってくれてもいいよ、そうしたら、みんなに紹介できるね!

この三匹の動物、似ているところが沢山あるよ。どんなところが同じかな?(耳がある、足が四本、身体に毛が生えている、尻尾がある、赤ちゃんを産む…哺乳類、雑食、森に棲んでいる、日本にいる…共通点がいっぱい!!) 

じゃあ、違うところは?(大きさ、イノシシは木には登らない、タヌキは尻尾が長い、イノシシの赤ちゃんは模様が違う・・・などなど)

こんなことも親子の宿題!で出せますね(^^

子どもたちが図鑑やネットで調べることを学べば、自分でも新しいことに気がつき始めるかもしれませんよ。

さて、なんだと思う?

これは?

足がないってことかな?でも泳げる?

3歳さんぐらいなら、数を少なめにして。(あ、でも、3歳だとこの動物たち、この質問内容は難しいです。アリはオッケーですが、もっと身近なものを選んでください!)

絵がある事で、考えやすくなりますね。

羊がどうしてセーターをくれるの?なんて質問すれば、答えてくれる子もいるかもしれません。

アザラシに似ている動物で、足がないのは分かるかなー。

年齢が高くなっている子達だったら、カードを多くして。でも、答えを言うだけなら簡単なので、どこにあるか、位置も言ってもらいましょうか。

羊なら「ペンギンの横、ライオンの下」

アザラシなら「シマウマとウシの間」

空間は、自分が動くこともですが、平面上でも意識して言葉としても使っていく必要があります。

当てた動物について、何か付け加えてもらうこともできます。

「ありは巣をつくる」

ほんとだねー、牛は巣をつくらないねー!じゃあ、牛がすんでいる場所はどこだろう?

・・なんて、いくらでも会話できますよ!

そう言えば、ネコってこんなところ歩いているね、他にも、へいの上を歩く動物っている?うさぎは?うさぎはどうしてへいを歩けない?どうやって動く?ちょっとやってみて。

くるみのかるたはただ「とった!」「たくさん集めた!」を楽しむことを目的に作ったものではありません。あそびながらたくさんの会話をしたり、気がついたり、考えたり、調べたくなったり・・

カルタの中には、他にもたくさんのあそび方が紹介してあります。

家にいないといけない時だからこそ、ぜひとも活用してみてください。大人も新しい視点をもらえるはずです♪

ご家庭にもぜひすすめてみてください!

もうすぐ、とっても素敵な「しょくぶつ」カルタができますよ~

お楽しみに(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です