家での時間

園が再開するにあたって、家で長いこと過ごしていた子ども達、あそべなくなっているのでは・・・、情緒が不安定になっているのでは…と心配していた園もあるのでは?

でも、特に乳児さん、意外に子どもたち、落ち着いていませんか?

昨日、保育園が再開しますーという6月1日に保育園を見せてもらいました。「いやー、きっと大変だと思います・・・」という園の心配をよそに子どもたちはとっても落ち着いていました(^^

大きな理由の一つは、子どもたちがお母さんやお父さんと一緒に過ごせたこと。大人にとってはなかなか大変な時もあったと思いますが、子どもにとっては、親との時間というのはやっぱり大切なんですね。

今回は大人の都合で連れまわされることもなく、行ったとしても近所の散歩や公園。それぐらいしか行けないから、家で過ごす時間も増える。結果的には、乳児さんにとってはいい時間だったところも多かったのではと思います。

どれだけ保育園が良い場所でも、そして、保育士さんたちが優しくても、子どもにとって一番大切なのは家庭、そして、親です。

お母さんやお父さんも、今回はもう真正面から子どもたちと向き合わなければならなかった。これも、大切なことですね。

子どもの変化もですが、親の方の変化・成長もあるかもしれませんよ。「お母さんたちも良く頑張ったねー、でも、○○ちゃんご両親と過ごせてとても良かったみたいですよ、とっても落ち着いています。お散歩したり、公園であそんだりしたんですか?ショッピングモール行くよりは楽しかったでしょうね~」と、褒めながらもさりげなく、「ここが良かったんですよ」「その関りオッケー♪」を伝えられると良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

三密を避ける保育