あと数日だからこそ!

卒園式も終わって、次年度に向けての準備に追われている園も多いですね。

でも、子どもたちにの日常は最大限こさわないようにしましょう。

この時期だからこそのあそび、たくさんあります!

特に二歳児さんは、友達とのかかわりも上手になり、言葉でのやりとりが盛んになり、アイデアもたくさん浮かんで本当に楽しい遊びをしてくれます。

2歳児クラス3月(神戸保育園)(神戸市)

動物たちがお昼寝しています。みんなちゃんと餌ももらって、飲み物ももらったみたいですね。

お皿じゃなくて、餌用の容器(^^ そして、スプーンはない(動物たちですからね!)。 

三人ぐらいの女の子があそびの流れの中で、寝かせていましたよ。

お布団も、みんなきれいにかけてもらいました。

パタパタ(バタバタではない)と楽しそうに、よく遊んでいました(^^♪

2歳3月(神楽こども園)(神戸市)

2歳の後半になると、友達と一緒に作る場面が増えてきます。

場面を作って、その中で人形を動かしながらまた場面を広げていく・・・子どもたちの想像していることが目の前でどんどん展開され、そこに言葉も備わるので、この時期の構成あそびも見ていて飽きません。

こんな風に遊び始めたら、次年度のクラスに移るまではこのままで…と思うはず。

4月1日になったら、新しいクラスで、新しい遊具で始めればいい。新しい環境がいい刺激になるはず。

「進級おめでとう!!」の花飾りよりも、クラスが変わった不安なんか吹き飛ぶぐらい、子どもたちがあそびたくなる環境づくりに力を入れましょうね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です