今できること その⑤

指を入れて

ちょっと時間があったら、こんな指サック人形も! 詩やお話、となえに合わせていろいろ作っておくと良いですよ。何人かで会話をしたり、お話しを作ったりするかもしれないので、色違いでいくつかあっても良いかもしれませんね。表情もいろいろ工夫してみてください!

かたつむり おかしいな

  めだまがつのの上にある

おかしくない おかしくない

  めだまが上ならよくみえる

かたつむり おかしいな

  おうちをしょって歩いてる

おかしくない おかしくない

  てきにあったら もぐりこめ

かたつむり おかしいな

  おなかと足がおんなじだ

おかしくない おかしくない

  おなかがあしならころばない

かたつむり おかしいな

  動かないのとおんなじだ!

のろくたっていいんだよ

(作:劉御  「ことばあそびの本」雲母書房)

大人が言ったあと、子どもの指に。大人が言うのに合わせて子どももきっとカタツムリを動かし、口も真似するように動かし・・少しづつ言えるところを真似し始め…いつの間にか、詩を覚えていきます。

ことばのリズム、楽しさ、言葉の背景の広がり…そんなことを感じられる子どもたちが育つと良いなー。

ちょっとした人形・道具があるだけでも、詩やとなえ、言葉遊びは子どもたちに身近なものになっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です