帰国しました♪

ご心配してくださった皆様のためにも報告を。

どっちが帰国か分かりませんが、ハンガリーの自宅に無事戻りました~。

それも、予想以上にスムーズに出国ー乗り換えー入国できてしまい「?」がいっぱい浮かんでいます。「ポーランド経由だったから」という人もいれば(ポーランドからは自由に入国が可能)、「抜き打ち的な検査をしているからラッキーだった」という人もいますが、とりあえずは二週間の自主・自宅隔離生活をしています。

予想はしていましたが、成田の様子にかなりのショックを受けました。これは大変なことですね・・・仕事関係の人たちもほとんど動いていないということですから・・・

誰もいない手荷物チェックカウンター、誰も並んでいないパスポートコントロールの窓口、40人ぐらいしか乗っていないジャンボジェット機・・・・寝台飛行機のようで快適ではありましたが・・・。

チェックインカウンターのあたり …ガラガラ
出国階の売店のあるスペース・ほとんど閉まっている
出国手続きをした後のゲートに行くまでの廊下・・・誰もいない・・・
ゲートまでの廊下・・・見渡す限り・・・誰もいない・・・

で、ポーランドのワルシャワに着いたら、そこそこ人がいました。EU内では国境が開いているところがほとんどなので、主に仕事関係、家族に会いに行く人たち…という雰囲気の人たちがいました。いかにも観光、という人はさすがに少なかった気がします。

日本では、日本の国籍を持っている人以外は、たとえ日本人と結婚していたとしても入国を許可していませんね。もし、ハンガリーが同じ対応をしていたら、私は家族がハンガリーにいて、家がハンガリーで、ハンガリーに永住していたとしてもハンガリー国籍を持っていないので、家に帰れないことになります。

何らかの事情があって日本を離れたまま日本に戻れなくなってしまっている、日本に自分の家や家族がある人たち、祖国よりも日本を自分の国だと思っているような人たち、いったいどうしているのかな…と思います。 海外在住者の皆が祖国に実家があるわけではなく、みんなが実家と良好な関係にあるわけでもなく、親しい友人宅に長期にわたる滞在ができる人たちばかりではないですし・・・・。

で、今度日本に行く時、私は日本国籍を持っているので入国はできますが、きっと二週間の隔離生活になるんでしょうね・・・。

何とも頭が痛いのは、入国後、家に戻るまでの行程で公共の交通機関を使ってはいけないというルール。自家用車がなく、免許もない人はどうしたらいい??感染の可能性があるから公共の交通機関を使ってはいけないとなると、友人に迎えを頼むわけにもいかず、専用のタクシーがあるそうですが、自宅まで何万円もかかります。国内線の利用もダメとなると、地方に行かなければいけない人たちは本当にどうするのでしょう。

「こんな時に国をまたいで移動するな」といわれる人もいるかもしれませんが、今はいろんな事情の人たちが国境をまたいで生活しています。一年後にはオリンピックを開催しようとしているというのに、コロナが流行り始めて半年以上たった段階でこの対応・・・なんだかな・・・と思うのです。

自宅に戻ったら、庭に大きな鍋がぶら下がっていました。三男が友達とイノシシの肉を5キロを煮込んでとっても美味しかったとか。

「何人で食べたの?」

S「5人」

「・・・・」

S「あ、骨もついていての5キロだよ。」

「作り方覚えた?」

S「・・・」

しばらくは庭の雑草でも抜きながら、ご飯を作りながら、コロナからちょっと距離をおいて保育のことを考えていこうと思います。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です