入国しました

保育とは関係のないお話です、念のため・・・。外国人の新規入国を全面禁止、という報道を聞いて心配してくださっている方のために報告です。

私は日本国籍なので(日本のパスポートを持っているので)、入国できるんですよ。あと、新規でない外国の方も入国できるので、飛行機にも何人かのっていました。

昨日、ハンガリーより無事に日本に入国して、実家で自宅隔離開始です。とはいっても、買い物には行けます(これ、助かるけれど、理屈が分からない )。

出国72時間前のPCR検査に始まり、ワルシャワでの9時間の待ち時間、そして、また日本でのPCR検査…四日間以内にPCRを二回も受けて陰性で、そのうえ、ハイヤーで自宅まで帰らないといけなかったので、今は一番問題なしの状態のはず。それでも2週間は自宅隔離。入国者へのこれだけの厳しさと、一方での国内のこの緩さのギャップ・・・。

幸いだったのは、成田空港第一ターミナルに到着した便が、そのタイミングでは私たちの飛行機だけだったということ。だから、飛行機からもすぐに降りることができて、検査に向かえたのですが、これが、同時に到着する便があると着いた順にしか乗客を機内から降ろせないので、疲れ切って一分でも早く動きたいのに、ひどければ機内で3-4時間ぐらい待つことになるという…。想像するだけでも、足がそわそわと嫌な感じになってきます。

それにしても、成田空港第一ターミナルに、たった一機しか飛行機が到着しないタイミングがあるって・・・すごい事態です。

今回は、乗り換えのために9時間待つことに。多分、日本へ飛ぶ飛行機が少なくなっているので、ヨーロッパ各地からワルシャワ経由で日本に向かう人たちを集めるために、出発時間を夜中まで大幅に遅らせたのでは・・・と想像しています。ただ、どこ経由にしてもかなり乗り継ぎが悪くなっているので、9時間待ちは短い方かも、と思ったぐらいです。

で、夜の飛行場って、寒いんです。飛び立つ飛行機が見えるように?解放感のため?・・・全面窓のところがほとんどだと思うのですが、これが冬は冷える!そして、今のように人が少ない時期は飛行場全体が冷え冷えとしているので、どこにいても寒い。椅子も冷たい。足元から風邪をひきそうでした。

でも、意外に9時間はあっという間に過ぎ(インターネッさまさまです)、飛行機にのったら寝てしまったので、思ったよりスムーズに帰ってこれたとも言えるかも??

そもそも、今の状態では「飛んでくれるだけでありがたい!」と、空の旅に快適さとかサービスなどを求めていないので(たぶん、この時期に移動している人はみんなそうだと思う)、到着できただけでも「よかったよかった」という感じです。

今更ですが、乗り物は大切ですね。人を運ぶし、物も運ぶし。

という、どうでもいいような到着報告でした。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です