チューリップ、咲いていました♪

注:保育とは関係のないどーでもいい話です!

一昨日、無事にハンガリーの自宅に戻りました。

だんだんと乗り換え時間が長くなります。今回はワルシャワのショパン空港で16時間。

前回は空港隣接のホテルに泊まったけれど、今回ばかりはコロナで入国と出国が相当ややこしいことになっているので、空港内で一晩を過ごすことにしました。

夜の空港ってどんなになるんだろう…と思ったけれど、もちろん灯りはついたままだし、お掃除の人たちが夜中に作業をしたり休憩がてらおしゃべりしているので、人の気配が常にあるんですね。

乗り換え待ちの人は、全体で20人強?思ったより少なかったけれど、ほどほどの距離に人がいるし、女の人たちもいたのでドキドキすることもなく過ごせました。でも、寒かった(涙)。ダウンジャケットにトレーナーに足掛けに・・・と思っていろいろ持っていたのに、それでも寒くて寝られず。人の少ない夜の空港は、想像以上に寒いです。ホッカイロ必要です。

夜中、飛行機って充電?されるんですね。掃除ではないような人たちがぞろぞろ降りてきたり(点検??)、空港では夜中もいろんな人が働いていました。

で、朝の4時ごろからは早朝便に乗る人たちが増え始めて、お店も開き始めてすっかり普通の雰囲気になっていき、あっという間に朝でした。

あっという間だったけど、日本からのフライト(11時間)+乗り換え待ち時間(16時間)で考えると長かった。で、ポーランドからは1時間半のフライト。でも、帰れるだけまし!!

家に着いた翌日からひどい雨風で、昨日なんて雪まで降っていましたが、チューリップたちがちゃんと咲いて待っていてくれたのは確認。

家族もみんな元気に待っていてくれました。

玄関には「この家に立ち入り禁止!感染の可能性のある人がいます」のすごい赤紙も貼ったし(でも、郵便のおじさんや宅急便のお兄さんたちはあまり気にしていないらしい)、10日間の隔離生活を楽しもうと思います(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です